京都府社会保険労務士会のホームページ 個別労働紛争を話し合いで解決します
〒602-0939 
京都市上京区今出川通新町西入弁財天町332番地 地図→ 
TEL:075-417-1881 FAX:075-417-1880
  1. HOME >
  2. 社会保険労務士とは

社会保険労務士とは

社会保険労務士は、社会保険(年金/健康保険)と労働問題の専門家。
「ヒト」に関するコンサルティングを通じて、あなたの事業を力強くバックアップします。

社会保険労務士は、労務管理全般の専門家として社会保険労務士法に基づき登録された国家資格者です。

  • 1.社会保険(年金と健康保険)
  • 2.労働保険(労災保険と雇用保険)
  • 3.労働安全衛生
  • 4.人事労務
  • etc...

これら「ヒト」に関する業務を管理することは、皆さまの事業発展に必要不可欠な「経営の要(かなめ)」です。企業の繁栄と従業員の福祉向上に、また個別労働関係紛争の未然防止や解決に、社会保険労務士がお役に立ちます。

社会保険労務士の業務

年度更新・算定基礎等

  • 労働・社会保険の適用
  • 労働保険の年度更新
  • 社会保険の算定基礎
  • 各種給付金、助成金の申請
  • 給与計算・賃金台帳の調製

労働保険の年度更新事務(6月~7月)・社会保険の算定業務(7月)は、人材的にも大きな負担になっています。社会保険労務士は、労働・社会保険の事務手続をスピーディに、しかも的確に処理いたします。

年金の相談・請求等

  • 年金の加入記録に関する相談
  • 年金の受給に関する相談
  • 年金の請求

現在の年金制度は新旧の制度が併行しているため、複雑になっています。社会保険労務士はすべての年金相談に応じます。また適切な事務処理についてアドバイス、各種書類を依頼人にかわって作成・提出いたします。

労働安全衛生

  • 安全衛生管理
  • 安全衛生教育
  • 就業環境の改善

労働災害の防止対策は、重要な福祉対策の一環です。社会保険労務士は、作業所や工事現場での安全衛生・管理対策などのアドバイス指導によって、労働災害の防止に努めます。

人事労務管理

  • 個別労働関係紛争の未然防止
  • 紛争調整委員会におけるあっせん代理
  • 雇用・人事・賃金・労働時間の相談
  • 就業規則の作成・変更

適切な人事労務管理は、企業経営の「要」です。社会保険労務士は、解雇・賃金不払い・リストラ等、労使間の個別紛争トラブルの未然防止から解決までのご相談に応じます。また、労働環境の改善から人事まで、従業員の勤労意欲を高め、健全な職場環境を構築するための労務管理全般のコンサルタントとして、事務所の健全な発展に貢献いたします。

特定社会保険労務士の業務

特定社会保険労務士とは、紛争解決手続代理業務試験に合格することにより、特定社会保険労務士として付記を受けた者です。
特定社会保険労務士の業務は、社会保険労務士の業務のほかに、次の業務を行います。

(1)個別労働関係紛争のあっせんの手続を行い、調停手続きにおいて紛争当事者の代理を行います。
(2)都道府県労働委員会が行う個別労働関係紛争に関するあっせんの手続きについて、紛争当事者を代理します。
(3)ADR機関「社労士会労働紛争解決センター京都」において個別労働関係紛争の公正かつ適正な問題解決を図ります。

社会保険労務士の守秘義務

社会保険労務士には、業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない義務が法律により課せられています。不明な点は、下記の京都府社会保険労務士会又は社会保険労務士にお問い合わせください。

にせ社会保険労務士に注意しましょう!

労働・社会保険の手続業務や労働・社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成業務などについて、報酬を得て行えるのは、社会保険労務士法により社会保険労務士の資格を付与された社会保険労務士です。無資格者はもちろん、経営コンサルタント会社などの法人組織の会社や、労務管理士と称していても社会保険労務士でないものが上記の業務を行えば、社会保険労務士法違反となります。
国家資格者である社会保険労務士は、社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証など身分を証明するものを所持しています。
京都府社会保険労務士会
〒602-0939 
京都市上京区今出川通新町西入弁財天町332番地 
TEL:075-417-1881 FAX:075-417-1880
PAGE TOP